ビジネスにおいてメールは重要【大切なやり取りも覚えられる】

Menu

感染力の強いウイルス

男女

対策時のポイント

ノロウイルス感染症は冬季に感染者が増えるウイルス性の感染症で、体内に入ると下痢や嘔吐などの急性胃腸炎の症状を起こします。冬季に流行することが多いですが、年間を通して発生するので、飲食店などでは特に注意が必要です。ノロウイルスは感染力が非常に強いのが特徴で、アルコールや熱にも強く、長期間生存することもあります。予防するには次亜塩素酸ナトリウムによる消毒が必要です。ノロウイルスは次亜塩素酸ナトリウムに弱く、これらを使った消毒により対策と予防ができます。飲食店や保育所、幼稚園や学校などの感染性胃腸炎が多発する場所では特にしっかりとした予防が必要です。ただ感染がはっきりしていないときから次亜塩素酸ナトリウムによる予防をするのは難しいという側面があります。なぜかというと、原液は手荒れの原因になることが多いためすべての人に使えるわけではないということ、揮発性が強いため作り置きができないことなどが理由です。そのため、ノロウイルスによる感染が疑われた時点で使用するのが最前です。冬季に嘔吐や下痢などの症状が発生した段階で次亜塩素酸ナトリウムの希釈液を作り感染したと思われる場所を消毒しましょう。処理をする人も服や靴に付着しないように万全の対策をし、マスクをつけます。嘔吐物などを紙などでふき取った後、そこを希釈液でしっかりとふきとり、換気を行います。換気が完了するまで人が入らないようにし、処理した物はビニール袋に入れて廃棄するかそれだけを消毒してから洗濯をします。洗濯機の消毒やトイレの消毒も忘れないようにしましょう。