ビジネスにおいてメールは重要【大切なやり取りも覚えられる】

Menu

ネットショップ経営に便利

オフィス

作業工数の大幅削減へ

入金消し込みシステムとは、入金、売り上げの内訳管理をする機能を指します。これまでの入金管理は、エクセルや銀行の提供する入金消し込みソフトを使うことが主流でした。しかし、最近では、クラウドによる入金消し込みが主流となり、多くの企業が、入金処理に関する工数を大幅に削減しています。企業の取引件数が増加すると、入金処理も煩雑になります。特にネットショップのようにBtoの形態では入金単位が購入した単位となり、入金日もまちまちとなるため、よりトラブルも多く発生することになります。入金処理を手作業で行っていると、未入金の確認作業などだけでも結構な時間を要します。また、入力ミスなどがあると、その訂正にも手間が掛かります。入金消し込みツールを利用すれば、システム上で入金、未入金を即座に確認できます。入金の際に注文番号が紐づけされているので、入金元を間違えることもありません。また、入金の遅れやクレジット決済の不履行にアラートを鳴らすことも可能です。ネットショップ経営には、入金消し込みツールが無くてはならない存在になりつつあります。入金消し込みツールを利用するには、決済代行会社へ申し込むことで、関単に利用できるようになります。自社管理では実現できなかった注文と入金の付け合わせも、入金消し込みツールがあることで、リアルタイムの確認が可能となります。入金消し込みツールは、ネットショップ全盛時代に、益々需要が増えると推測されます。