ビジネスにおいてメールは重要【大切なやり取りも覚えられる】

Menu

従業員の満足度を調査

男女

ESをCSに結び付ける

現在、従業員満足度を調査する企業が増えています。一昔前は、顧客満足度調査の方が主流でしたが、従業員満足が顧客満足に結び付くと判断されるようになってから、従業員満足調査と顧客満足度調査は、セットで行われるようになったのです。従業員満足度を推し量るためには、詳しい意識調査が欠かせません。多くの企業で定期的な意識調査が実施されていますが、それだけでは不十分です。社内アンケートだけでは、従業員の本音は引き出せません。会社に対する遠慮や上からの評価を気にする人も多いため、アンケート調査はコンサルティング会社に依頼することが必須となります。コンサルに依頼することで、社員の本音が引き出しやすい匿名のアンケートが可能となります。しかしながら、匿名というのは表向きで、一つ一つのアンケート回答は社員一人一人に紐づけされているのです。アンケートは紙ベースではなく、メールの一斉送信で行われます。そのアンケートには、一人一人別個の番号が付けられており、回答者を特定できる仕組みとなっています。しかし、この調査結果が個人評価に使用されることはありません。あくまでも企業環境を改善する指標として利用されるからです。コンサルへの調査依頼は、数百万円から一千万円ほどと言われていますが、社員のモチベーションアップを図り、企業の業績を伸ばすためには必要経費ともなっているのです。従業員満足度調査を定期的に行って、労働環境の改善を図っている企業では、社員の定着率も良く、お互いの信頼関係も築きやすいとされています。今や、従業員満足は企業になくてはならない存在でもあるのです。